CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< March 2020 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 4043 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):谷岡靖則展
    紋谷幹男 (01/31)
  • 4043 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):谷岡靖則展
    谷岡 靖則 (01/31)
  • 4025 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):阿部元子展
    Mari-Christine Kleinhuis (01/30)
  • 4060 ギャルリー東京ユマニテ  bis(中央区京橋3-5-3):川野昌通展
    川野昌通 (01/29)
  • 4057 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):稲 憲一郎展
    紋谷幹男 (01/24)
  • 4057 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):稲 憲一郎展
    稲憲一郎 (01/23)
  • 3970 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):立体+平面 2019展
    松本聡子 (11/18)
  • 3948 GalleryK(中央区京橋3-9):米田貫雅展
    紋谷幹男 (10/29)
  • 3948 GalleryK(中央区京橋3-9):米田貫雅展
    米田貫雅 (10/29)
  • 3187 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):浅井 昭 遺作展
    紋谷幹男 (10/26)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
4138 藍画廊(中央区銀座1-5):三輪美奈子展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    DSC08281.JPG

    藍画廊(中央区銀座1-5)では、三輪美奈子展。

    DSC08282.JPG

    DSC08286.JPG

    DSC08287.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ーKajo 歌女ー。

    30本ほどのアルミニウム棒。
    先端を叩いて平にして、
    足元を丸めて自立させています。

    それらが群れている様子は、
    非日常的で壮観です。
    展覧会から受ける刺激はかくありたいものです。

    解釈や理解は最初から放棄され、
    刺激だけが内面に波紋のように広がります。

    作品の隙間を歩き回ります。
    細いアルミ棒たちは黙して語りませんが、
    そのうねる仕草には、
    抑えきれない内情が溢れ出ていて、
    互いにテンションをかけ合っているようです。

    会場に出現した原始的な目覚め。
    そんな印象でした。

    DSC08285.JPG

    DSC08284.JPG

    DSC08288.JPG

    DSC08289.JPG


    写真:筆者撮影

    Scan0019.jpg

    Scan0020.jpg

    20200317 鑑賞
    | 印象記 | 05:10 | comments(0) | - | - | 昨年の記事