CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< January 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    紋谷幹男 (03/24)
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    松本亮平 (03/23)
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    紋谷幹男 (07/06)
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    市川嘉一 (07/06)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
2342 ギャラリーゴトウ(中央区銀座1-7):3人展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞





    ギャラリーゴトウ(中央区銀座1-7)では、3人展。





    会場風景。
    五十嵐靖、醍醐イサム、藤崎孝敏の3人展。

    五十嵐靖のポップな味わい。
    醍醐イサムの幽玄。
    藤崎孝敏の情感

    今回は、五十嵐靖の作品の特異性に注目。

    画家は目に触れるものを拾い上げ、
    しげしげと眺め、
    そこに潜む「美しくなる可能性」を発見し、
    独自の画風で絵画へと導きます。

    ひずんだ形に、
    異様なまでの太く黒いアウトライン。
    そのアウトラインは、
    外周のほんの僅か内側に描かれることで、
    空間とモチーフの境界面は色が仕切り、
    モチーフの柔らかさ、温かみが漂い、
    なんだかしみじみとした雰囲気。
    そんな印象でした。






    五つの桃





    コーヒーカップ





    too much(of fucking things)





    作品と部分詳細。





    冬のデュカル広場





    冬の糧

    写真:筆者撮影





    20161220 観賞





     
    | 印象記 | 05:21 | - | - | - | 昨年の記事