CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 2920 ギャラリーゴトウ 2ndRoom(中央区銀座1-7):伊藤香奈展
    紋谷幹男 (12/02)
  • 2920 ギャラリーゴトウ 2ndRoom(中央区銀座1-7):伊藤香奈展
    kanaito (12/01)
  • 2844 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):原田敬一展
    紋谷幹男 (10/31)
  • 2844 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):原田敬一展
    原田 敬一 (10/31)
  • 2833 SILVER SHELL(中央区京橋2-10):梶木奈穂、桃太郎 展・2
    紋谷幹男 (10/20)
  • 2833 SILVER SHELL(中央区京橋2-10):梶木奈穂、桃太郎 展・2
    momotarou (10/19)
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    紋谷幹男 (03/24)
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    松本亮平 (03/23)
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    紋谷幹男 (07/06)
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    市川嘉一 (07/06)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
2942 art space kimura ASK?(中央区京橋3-6):能島芳史展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1280266.JPG

    art space kimura ASK?(中央区京橋3-6)では、能島芳史展。

    P1280285.JPG

    P1280271.JPG

    P1280267.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ー輝ける闇の世界ー。

    会場に踏み込めば、
    暗闇から、絵画が鮮明に浮かび上がっています。
    絵画そのものが発光面のようです。

    あるいは窓の向こうに、
    不思議な世界が広がっているという予感。

    描かれているのは南瓜(かぼちゃ)の外観を纏う
    得体の知れない存在。
    作品名は「風触 南瓜」。

    南瓜という日常過ぎる「モノ」の奥で
    進行している妖しい事態。
    日常過ぎる「モノ」の奥の悠久の時間。

    起こっている出来事と、
    それに気付くこと、体験すること。
    そのようなライブ感覚は、
    このような光のインスタレーションとも呼ぶべき
    舞台装置の成せる技なのかな。
    そんな印象でした。


    P1280268.JPG

    P1280269.JPG

    P1280270.JPG

    作品と部分詳細。

    P1280272.JPG

    P1280273.JPG

    P1280274.JPG

    ​作品と部分詳細。

    P1280275.JPG

    P1280276.JPG

    P1280278.JPG

    ​作品と部分詳細。

    P1280279.JPG

    P1280280.JPG

    P1280281.JPG

    ​作品と部分詳細。

    P1280282.JPG

    P1280283.JPG

    P1280284.JPG

    ​作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影


    Scan0019.jpg

    Scan0020.jpg

    20171129 鑑賞
    | 印象記 | 05:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事