CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    紋谷幹男 (03/11)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    shizuokanishino (03/11)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    紋谷幹男 (02/02)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    岡村 光哲 (02/01)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    紋谷幹男 (12/30)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    サイトユフジ (12/26)
  • 2929 あかね画廊(中央区銀座4-3):日下部直起展
    紋谷幹男 (12/20)
  • 2947 巷房1(中央区銀座1-9):高橋敬子展
    紋谷幹男 (12/19)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
3339 Hikarie8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery(渋谷区渋谷2-21渋谷ヒカリエ8F):三宅信太郎展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞


    P1140070.JPG

     Hikarie8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
    (渋谷区渋谷2-21渋谷ヒカリエ8F)では、
    三宅信太郎展。

    P1140034.JPG

    P1140035.JPG

    P1140036.JPG

    P1140045.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ー個人史 [2000ー2018]ー。

    デビュー当時から現在に至る、
    18年間の画業の総覧ですが、
    筆者は制作年を気にせず鑑賞していましたので、
    どこがどう変わったのか、
    そもそも、古い作品がどれで最新作がどれかも
    分からなかったのですが、
    逆に、18年ごときではぶれない
    アートのベクトルというか、モチベーションの
    強靭さに感心させられます。

    ここに描かれているのは、
    人(生き物)が何事かを行なっている場面です。
    「何処で」「何を」の理解は困難ですし、
    実は、具体的な出来事の説明ではなく、
    作家が自身の深い密林を歩いていると
    出会ってしまった場面といったニュアンスで、
    確かにこんなことを強く感じたが、
    それをあえて絵画というスタイルで表現するには、
    人(生き物)に何かをさせるしかない、
    そんな切実感です。

    作家と鑑賞者が存在しますが、
    作品の世界は独立した別の場所で進行している。
    そんな印象でした。


    P1140037.JPG

    P1140038.JPG

    作品と部分詳細。

    P1140039.JPG

    P1140040.JPG

    P1140041.JPG

    P1140042.JPG

    作品と部分詳細。

    P1140057.JPG

    P1140058.JPG

    P1140059.JPG

    P1140060.JPG

    作品と部分詳細。

    P1140061.JPG

    P1140062.JPG

    P1140063.JPG

    作品と部分詳細。

    P1140064.JPG

    P1140065.JPG

    P1140066.JPG

    作品と部分詳細。

    P1140043.JPG

    P1140044.JPG

    作品と部分詳細。

    P1140051.JPG

    P1140052.JPG

    P1140053.JPG

    P1140054.JPG

    作品と部分詳細。

    P1140046.JPG

    P1140050.JPG

    P1140047.JPG

    P1140048.JPG

    P1140049.JPG

    作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影






    20180816 鑑賞
    | 印象記 | 09:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事