CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 2844 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):原田敬一展
    紋谷幹男 (10/31)
  • 2844 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):原田敬一展
    原田 敬一 (10/31)
  • 2833 SILVER SHELL(中央区京橋2-10):梶木奈穂、桃太郎 展・2
    紋谷幹男 (10/20)
  • 2833 SILVER SHELL(中央区京橋2-10):梶木奈穂、桃太郎 展・2
    momotarou (10/19)
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    紋谷幹男 (03/24)
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    松本亮平 (03/23)
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    紋谷幹男 (07/06)
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    市川嘉一 (07/06)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 012 ギンザ・グラフィック・ギャラリー (ggg)(中央区銀座7-7):カレル・マルテンス Karel MARTENS | main | 014 d47MUSEUM(渋谷区渋谷2-21渋谷ヒカリエ8F):NIPPONの47人2013CRAFT >>
013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
0
    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    丸の内オアゾの4階にある、
    丸善・丸の内本店 ギャラリー。

    銀座の画廊に多い、「世に問う」的エッジの効いたアートというより、
    「買い易く、家に飾り易い」良質な作品展が多く催されます。

    丸善のギャラリーは
    大正15年から始まる「書店の中のギャラリー」として、
    歴史と伝統と独自性があり、
    レベルの高さはしっかり安定していて、
    私の「定期循環」画廊の一つ。



    ここ「丸の内オアゾ」の4階にあるギャラリーは、
    天井が高く、大きなハイサイドライトから
    観賞の邪魔にならない、柔らかな自然光がたっぷりさしこむ、
    気持ちの良い観賞空間。

    今日は、市川嘉一油彩画展。
    ヨーロッパの街並みと、静物画で構成されています。



    会場風景。



    素直に、良かった。

    ヨーロッパの街並みシリーズは、
    風景の切り取り方がさりげなく、かつ、狙いすまされていて、
    その場所の、
    ある条件(季節、時間、天候、ハプニング)に秘められた、
    美しさをさらっと提示しています。

    技法も独特で、
    相当に写実的ですが、
    油絵のこの表現方法でしか表現できない
    空気感を味わう事ができました。

    20130510 観賞
    20130517 記



     
    | 印象記 | 05:30 | comments(4) | - | - |
    記事、嬉しく読ませていただきました!
    私のブログは、「アマルフィに憧れて」で検索して頂けると近況もご理解いただけます!m
    | 市川嘉一 | 2013/07/06 4:50 PM |
     はじめまして、紋谷です。作家ご自身からコメントをいただき、恐縮です。勝手なことを書きましたが、これまで見てきたたくさんの展覧会の中で、作品から心地よい香りを感じた、数少ない展覧会の一つだったことは確か。作風は、相当研ぎ澄まされいるのに。不思議です。
     今後も楽しませて下さい。
    | 紋谷幹男 | 2013/07/06 7:07 PM |
    紋谷様
    はじめてご連絡いたします。
    松本亮平です。
    私の個展ご覧いただき、誠にありがとうございます。
    またとても丁寧に記事を書いていただき感謝いたします。
    今後ともご指導のほどよろしくお願いいたします。
    | 松本亮平 | 2016/03/23 12:08 PM |
     はじめまして、紋谷です。コメントいただきありがとうございます。色々と勝手を書きまして失礼いたしました。今回の展覧会で、表現方法は「標準」通りの必要はなく、表現内容によるものであるという、当たり前のことに気付かされました。今後の、一層刺激的な作品を楽しみにしております。
    | 紋谷幹男 | 2016/03/24 10:17 AM |