CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 4043 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):谷岡靖則展
    紋谷幹男 (01/31)
  • 4043 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):谷岡靖則展
    谷岡 靖則 (01/31)
  • 4025 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):阿部元子展
    Mari-Christine Kleinhuis (01/30)
  • 4060 ギャルリー東京ユマニテ  bis(中央区京橋3-5-3):川野昌通展
    川野昌通 (01/29)
  • 4057 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):稲 憲一郎展
    紋谷幹男 (01/24)
  • 4057 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):稲 憲一郎展
    稲憲一郎 (01/23)
  • 3970 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):立体+平面 2019展
    松本聡子 (11/18)
  • 3948 GalleryK(中央区京橋3-9):米田貫雅展
    紋谷幹男 (10/29)
  • 3948 GalleryK(中央区京橋3-9):米田貫雅展
    米田貫雅 (10/29)
  • 3187 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):浅井 昭 遺作展
    紋谷幹男 (10/26)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 1575 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):醍醐イサム個展 | main | 1577 純画廊(中央区銀座1-9): 三木綾子展 >>
1576 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):柴原薫展
0
     

    ギャラリーQ(中央区銀座1-14)では、柴原薫展。




    会場風景。
    花と人工物を組み合わせた写真展。

    壁の展示だけだと単なる写真展になるので、
    透明な布に転写した作品を天井から下げて、
    空間体験的な楽しみも加えたとのこと。

    写真のモチーフは、
    花に、鮮やかな色の化粧品や瓶、リボンやスカーフなどを
    組み合わせたもの。
    色や素材の親和性が高く、
    色相がそれぞれハーモナイズすることで、
    不思議なほど一体化していて、
    単なる組み合わせというより、
    新しい「出来ごと」に出会ったような印象でした。

    写真家は、データをモニター上で合成するのではなく、
    最終形を実際に作って、一発撮りで撮影したそうです。

    ユニークなのは、
    必ず眼球が潜んでいて、じっと見ていることです。
    義眼を使っているそうですが、
    外から眺めるのではなく、
    この不思議な世界に入り込んでしまう感覚を
    生み出そうとしたそうです。

    多くの写真家は、
    狙った場面を探し、待機し、切り撮りますが、
    ここでは、状況そのものを写真家が創造してしまうという、
    クリエイティブなエネルギーも感じられました。





    20151215 観賞


    | 印象記 | 05:11 | - | - | - | 昨年の記事