CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    紋谷幹男 (03/24)
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    松本亮平 (03/23)
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    紋谷幹男 (07/06)
  • 013 丸善・丸の内本店 ギャラリーB(千代田区丸の内1-6):市川嘉一油彩画展
    市川嘉一 (07/06)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 2644 南天子画廊(中央区京橋3-6):鳥井雅子展 | main | 2646 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):数見利夫展 >>
2645 SILVER SHELL(中央区京橋2-10):渡辺豊重展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1170901.JPG

    SILVER SHELL(中央区京橋2-10)では、渡辺豊重展。

    P1170902.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、−きのう・きょう・あすの夢・2017−。

    何かの再現や抽象、内面の視覚化など、
    創造のモチベーションは様々でしょうが、
    人間の原始的な、創りたい、描きたいなどの欲望に根ざした、
    根源的な所作もあるのだな、と、
    多様で強く、楽しくなる作品を前にして、
    そんな本能の力が実感できました。

    本能の力を開放しても、
    鑑賞者の共感を得ることのできる「美術作品」に
    着地してしまうのは、
    感性なのか。それともそんな技術があるのか。

    「無心にたわむれる」
    書くには恥ずかしいそんな言葉が、
    自然に浮かんでいる。
    そんな印象でした。


    P1170903.JPG

    P1170904.JPG

    動刻(地)

    P1170906.JPG

    P1170907.JPG

    P1170908.JPG

    動刻(水)

    P1170909.JPG

    P1170910.JPG

    モンローウォーク

    P1170912.JPG

    P1170913.JPG

    P1170914.JPG

    つぶれた立方体

    P1170916.JPG

    P1170917.JPG

    P1170918.JPG

    MY TOOL

    P1170920.JPG

    P1170921.JPG

    はしゃぐ青

    P1170923.JPG

    P1170924.JPG

    なにをかたるか


    写真:筆者撮影

    Scan0010.jpg

    Scan0011.jpg

    20170606 鑑賞
    | 印象記 | 05:42 | - | - | - | 昨年の記事