CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 2833 SILVER SHELL(中央区京橋2-10):梶木奈穂、桃太郎 展・2 | main | 2835 ギャラリー椿(中央区京橋3-3):夏目麻麦展 >>
2834 ギャラリー麟(中央区京橋2-6):郭 桂晶展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1240768.JPG

    ギャラリー麟(中央区京橋2-6)では、郭 桂晶展。

    P1240751.JPG

    会場風景。

    心惹かれる作品です。
    山や空の大きな背景に、
    図案化された人工的な建造物や、
    細々したパーツ。
    そこに、カエルやウサギが混じり込んでいます。
    何か古代エジプトのヒエログリフを思わせる
    不思議な世界観です。

    幾何学的、図像的でありながら、
    不思議な温かさがあります。
    形や色数を限定しながら、
    あとは鑑賞者に委ねて、夢の中のような世界が生まれます。
    平面的な画面構成に宿る、静かな物語性。
    そんな印象でした。

    P1240752.JPG

    P1240753.JPG

    P1240754.JPG

    作品と部分詳細。

    P1240755.JPG

    P1240756.JPG

    P1240757.JPG

    ​作品と部分詳細。

    P1240758.JPG

    P1240759.JPG

    ​作品と部分詳細。

    P1240760.JPG

    左右の作品は同じ構成ですが、
    テイストに大きな差が生じています。

    P1240761.JPG

    P1240762.JPG

    P1240763.JPG

    ​作品と部分詳細。

    P1240764.JPG

    P1240765.JPG

    ​作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影

    Scan0003.jpg

    Scan0004.jpg

    20171011 鑑賞




     
    | 印象記 | 05:03 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/2851