CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    紋谷幹男 (12/30)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    サイトユフジ (12/26)
  • 2929 あかね画廊(中央区銀座4-3):日下部直起展
    紋谷幹男 (12/20)
  • 2947 巷房1(中央区銀座1-9):高橋敬子展
    紋谷幹男 (12/19)
  • 2947 巷房1(中央区銀座1-9):高橋敬子展
    高橋敬子 (12/19)
  • 2929 あかね画廊(中央区銀座4-3):日下部直起展
    日下部直起 (12/19)
  • 2920 ギャラリーゴトウ 2ndRoom(中央区銀座1-7):伊藤香奈展
    紋谷幹男 (12/02)
  • 2920 ギャラリーゴトウ 2ndRoom(中央区銀座1-7):伊藤香奈展
    kanaito (12/01)
  • 2844 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):原田敬一展
    紋谷幹男 (10/31)
  • 2844 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):原田敬一展
    原田 敬一 (10/31)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 2843 art space kimura ASK?(B1F)(中央区京橋3-6):小宮山和真展 | main | 2845 ギャラリー檜 e(中央区京橋3-9):やない ふみえ展 >>
2844 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):原田敬一展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1240964.JPG

    ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9)では、原田敬一展。

    P1240965.JPG

    P1240966.JPG

    P1240973.JPG

    会場風景。

    抽象表現ですが、
    具体的な事象が再現的に使われていますので、
    シュールレアリスム的非合理が現れます。

    作家のどんな潜在意識を反映したのかは、
    知る由もありませんが、
    柘榴で暗示される生命(変化)に対して、
    立方体は普遍的なエネルギーが予感されます。

    画家自身を取り巻く時間の流れと、命の不思議を、
    対極的な2つの状態を呼応させながら、
    二次元の仮想事実へ置き換えようとしている。
    そんな印象でした。

    P1240967.JPG

    P1240968.JPG



    P1240974.JPG

    P1240975.JPG

    裂ー柘榴

    P1240971.JPG

    P1240972.JPG

    空の景(2)

    P1240969.JPG

    P1240970.JPG

    浮・漂


    写真:筆者撮影

    Scan0028.jpg

    Scan0029.jpg

    20171011 鑑賞
    | 印象記 | 05:33 | comments(2) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事
    印象記ありがとうございます。シェアさせていただきました。
    事物を見て、自分の中で醸造されたものが画面として定着されるのを待って制作を進めるという、筆を執るまでの時間経過が私には大切な思考期間です。立ち現われてくるものを大切に今後も制作していきたいと思っています。ありがとうございました。
    | 原田 敬一 | 2017/10/31 11:06 AM |
     紋谷です。いただいたコメントの「筆を執るまでの時間経過が私には大切な思考期間です。」という文面は、鑑賞者ではとても思い至らない境地です。とても興味深かったです。ありがとうございました。
    | 紋谷幹男 | 2017/10/31 5:14 PM |









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/2861