CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 2885 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):ヤマダトミオ展 | main | 2887 ギャラリーカメリア(中央区銀座1-9):LEE jeongeun 展 >>
2886 純画廊(中央区銀座1-9):村田茂樹展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1260070.JPG

    純画廊(中央区銀座1-9)では、村田茂樹展。

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ー沈黙の町辺野古ー。

    1年前の個展では桜餅や水無月など、
    京都の和菓子に宿る、京都の洗練や粋を、
    センス良くディフォルメしながら、
    さらりと、さし出していましたが、
    今回は一転、名護市辺野古区の風景の大作です。
    あの密度は小品だから可能と思っていましたが、
    このような大作になっても、
    枯れて沈んだトーンの奥に潜む、
    ガッチリと描き込まれた豊潤さは健在です。

    ただ、描かれた風景は、
    透視図的整合性をもって再現されたのではなく、
    あるいは、奥行きや陰影のメリハリある演出もなく、
    線画の輪郭で囲いながら、
    平面的、装飾的に、
    何か、遠い記憶を手繰るような、
    不確かな色面で構成されています。

    人や、人の気配のない場面は、
    何かの食い違いが不協和音を発し、
    けれどその総ては現実で、
    筆者を同じ時間、同じ国にある別の世界へと誘う。
    そんな印象でした。

    P1260071.JPG

    P1260072.JPG

    P1260073.JPG

    P1260074.JPG

    沖縄より 辺野古の町角

    P1260075.JPG

    P1260076.JPG

    P1260078.JPG

    沖縄より 辺野古のらせん階段の家

    P1260081.JPG

    P1260082.JPG

    P1260083.JPG

    P1260084.JPG

    沖縄より 辺野古のBar

    P1260086.JPG

    P1260087.JPG

    P1260090.JPG

    沖縄より 辺野古のBar


    写真:筆者撮影

    Scan0027.jpg

    Scan0028.jpg

    20171024 鑑賞
    | 印象記 | 05:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/2903