CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    紋谷幹男 (02/02)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    岡村 光哲 (02/01)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    紋谷幹男 (12/30)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    サイトユフジ (12/26)
  • 2929 あかね画廊(中央区銀座4-3):日下部直起展
    紋谷幹男 (12/20)
  • 2947 巷房1(中央区銀座1-9):高橋敬子展
    紋谷幹男 (12/19)
  • 2947 巷房1(中央区銀座1-9):高橋敬子展
    高橋敬子 (12/19)
  • 2929 あかね画廊(中央区銀座4-3):日下部直起展
    日下部直起 (12/19)
  • 2920 ギャラリーゴトウ 2ndRoom(中央区銀座1-7):伊藤香奈展
    紋谷幹男 (12/02)
  • 2920 ギャラリーゴトウ 2ndRoom(中央区銀座1-7):伊藤香奈展
    kanaito (12/01)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 2946 巷房2・階段下(中央区銀座1-9):大塚智嗣展 | main | 2948 ギャラリーカメリア(中央区銀座1-9):林 佳慧 個展 >>
2947 巷房1(中央区銀座1-9):高橋敬子展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1280354.JPG

    巷房1(中央区銀座1-9)では、高橋敬子展。
    展覧会タイトルは、ー紫野 murasakinoー。

    淡い墨色と紫色だけで描かれています。
    展覧会タイトルによれば、風景のようですが、
    それは特定の場所の、特定の時間、視点ではなく、
    作家の記憶にある風景。
    記憶が生み出す不明瞭な映像のようです。
    「映像」と直感的に書きましたが、
    画面には事象は描かれませんが、
    風やさえずりや、陽光の揺らめきなど、
    ざわざわした動きが漂うようです。

    柔らかな色調が、穏やかで儚げです。
    記憶の底に眠る、曖昧だが消えないこと。
    そんな印象でした。


    P1280351.JPG

    P1280352.JPG

    P1280353.JPG

    作品と部分詳細。

    P1280355.JPG

    P1280356.JPG

    作品と部分詳細。

    P1280358.JPG

    P1280359.JPG

    作品と部分詳細。

    P1280360.JPG

    P1280361.JPG

    作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影

    Scan0029.jpg

    Scan0030.jpg

    20171129 鑑賞
    | 印象記 | 05:10 | comments(2) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事
    印象記、拝見させていただきました。
    記憶が生み出す不明確な映像、という印象を持って頂いたようで嬉しいです。まさに、風、さえずり、陽光の揺らめき、木々の葉や草の触れ合う音などの中にいて、その空気感を伝えられたら・・と思っています。私たちを取り巻くそのようなもの全てが「風景」という記憶となって今立っている私たちをどこかで支えていてくれると思っています。
    また機会あればご覧頂き、その時にこの映像が心の奥に残っていますように。
    ありがとうございました。
    | 高橋敬子 | 2017/12/19 5:32 PM |
     確かにこのような平面上の世界は、絵画だけが成し得る「出来事」のように思われます。さらなる広がりを楽しみにしています。紋谷
    | 紋谷幹男 | 2017/12/19 6:02 PM |









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/2964