CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3013 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):岩熊力也展 | main | 3015 Gallery-58(中央区銀座4-4):宮崎光二展 >>
3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1290533.JPG

    ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4)では、岡村光哲 彫刻展。

    P1290534.JPG

    P1290537.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ー呼吸する形ー。

    ステンレスによる抽象的な金属彫刻。

    水槽の水面のように、
    立体を構成する面の内、多くが平面で、
    残りの面が波を打っています。
    そこだけが外部に開放されていて、
    まさに「呼吸」しています。

    立体は、絵画と異なり、
    三次元の実在する事物なので、
    全表面は等価に空間と接しますが、
    この作品は、空間と接する面を限定してそれを視覚化したようです。

    空間とせめぎあう場で、
    この事物の動きと量が表現されています。
    動きは必然的に時間軸も誘導する。
    そんな印象でした。

    P1290535.JPG

    P1290536.JPG

    P1290546.JPG

    P1290547.JPG

    P1290548.JPG

    P1290549.JPG

    P1290550.JPG

    WAVE

    P1290539.JPG

    P1290538.JPG

    WAVE

    P1290540.JPG

    P1290541.JPG



    P1290543.JPG

    P1290544.JPG

    ZORO

    P1290552.JPG

    P1290553.JPG

    P1290554.JPG

    呼吸

    P1290556.JPG

    P1290557.JPG



    P1290558.JPG

    写真:筆者撮影

    Scan0032.jpg

    Scan0033.jpg

    20180116 鑑賞
    | 印象記 | 05:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事
    紋谷 幹男様

    展覧会の印象記拝見いたしました。
    的確な言葉に感謝いたします。
    私が制作する意図、そのものズバリです。
    作り手にとってこれほど嬉しいことはありません。
    ふだん私はサブタイトルはつけませんが、
    呼吸という言葉がこれほど作品と同化したことに
    喜びを感じています。
    また、ギャラリーオカベの空間を提供してくださった
    川口さん、スッタッフの方々、展示のアドバイスなど
    私ひとりでは出来なっかたことを強く思います。

    今後ともよろしくお願い申し上げます。

    岡村光哲
    | 岡村 光哲 | 2018/02/01 11:54 PM |
    コメントありがとうございます。感想として書いた通り、空間に対して全方位的に開いているはずの彫刻作品において、開く面を限定することによる、強い集中や解放を感じました。今後の進化を楽しみにしています。紋谷
    | 紋谷幹男 | 2018/02/02 9:37 AM |









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3031