CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3079 ギャラリー檜 C(中央区京橋3-9):橋谷勇慈展 | main | 3081 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):青木忠史展 >>
3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1310726.JPG

    P1310739.JPG

    銀座K's Gallery(中央区銀座1-13)では、堂免修展。

    暗黒の背景に歪んだ球体が描かれます。
    球体が何なのかはわかりませんが、
    浮いているという状況において、
    「何事かが進行中である」という雰囲気が生じ、
    その前提である、空間と時間、エネルギーが予感されます。

    球体には重量感があり、
    粗い肌合いが喚起する内部の動きが、
    力を感じさせます。
    緊張感のなかに、
    絵画的豊かさが構築されている。
    そんな印象でした。

    P1310727.JPG

    P1310729.JPG

    P1310728.JPG

    見えないものとの対話 17003

    P1310731.JPG

    P1310732.JPG

    P1310733.JPG

    見えないものとの対話 18011

    P1310735.JPG

    P1310736.JPG

    P1310737.JPG

    見えないものとの対話 18013

    P1310740.JPG

    P1310741.JPG

    P1310742.JPG

    見えないものとの対話 18005


    写真:筆者撮影

    Scan0018.jpg

    Scan0019.jpg

    20180306 鑑賞
    | 印象記 | 05:24 | comments(2) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事
    紋谷さま。
    ありがとうございます。
    | 堂免修 | 2018/03/14 6:38 AM |
    Facebookにてシェアさせて頂きます。
    | 堂免修 | 2018/03/14 6:42 AM |









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3099