CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    紋谷幹男 (03/11)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    shizuokanishino (03/11)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    紋谷幹男 (02/02)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    岡村 光哲 (02/01)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    紋谷幹男 (12/30)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    サイトユフジ (12/26)
  • 2929 あかね画廊(中央区銀座4-3):日下部直起展
    紋谷幹男 (12/20)
  • 2947 巷房1(中央区銀座1-9):高橋敬子展
    紋谷幹男 (12/19)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3141 ゆう画廊 6F(中央区銀座3-8):竹本博文展 | main | 3143 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):泉本奈生美展 >>
3142 藤屋画廊(中央区銀座2-6):加藤 晋 日本画展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1330232.JPG

    藤屋画廊(中央区銀座2-6)では、加藤 晋 日本画展。

    P1330233.JPG

    P1330250.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ー昔も今もー。

    古典的な題材ですが、
    「昔も今も」変わらないものは、
    実は、姿形ではなく、
    それを楽しむ、
    日本人の底流の「俳味、美意識」みたいなことで、
    画家はそれを掬い上げて、
    絵画として増幅させています。

    花々はクリアで、艶やかであること。
    それぞれが静かに自身の存在を主張していること。
    それを、七福神が寿いでいます。

    ゆったりと流れる時間のなかで、
    物語が進行している。
    そんな印象でした。

    P1330234.JPG

    P1330235.JPG

    P1330236.JPG

    作品と部分詳細。

    P1330237.JPG

    P1330238.JPG

    P1330239.JPG

    ​作品と部分詳細。

    P1330248.JPG

    P1330249.JPG

    ​作品と部分詳細。

    P1330240.JPG

    P1330241.JPG

    P1330251.JPG

    P1330252.JPG

    P1330254.JPG

    P1330253.JPG

    ​作品と部分詳細。

    P1330244.JPG

    P1330245.JPG

    P1330246.JPG

    P1330247.JPG

    ​作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影

    Scan0034.jpg

    Scan0035.jpg

    20180403 鑑賞
    | 印象記 | 05:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3159