CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3143 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):泉本奈生美展 | main | 3145 あかね画廊(中央区銀座4-3):手塚真梨子 個展 >>
3144 Gallery-58(中央区銀座4-4): 山下耕平展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1330302.JPG

    Gallery-58(中央区銀座4-4)では、 山下耕平展。

    P1330303.JPG

    P1330304.JPG

    会場風景。

    唖然とするほど面白いです。

    なぜ面白いかといえば、
    絵画という手段だけで、この画家だけが成し得る、
    新鮮で刺激的な事態が、
    (たまたま)鑑賞の喜びを運んできているからです。

    こんな偶然は、そうあるものではありません。

    おそらく、作品の完成をあまり意識することなしに、
    描いていることが見えてくる現場で、
    見えてくるものを画家が見つけているのでしょう。
    ※変な言い回しになりましたが、そんな実感でした。
    それは、画家にとっても驚きなのですが、
    鑑賞者にとっては喜びになる。
    そんな印象でした。

    P1330305.JPG

    P1330306.JPG

    P1330307.JPG

    おわりにカーソル

    P1330308.JPG

    P1330309.JPG

    ぽつり

    P1330310.JPG

    P1330311.JPG

    緑道を横目に

    P1330312.JPG

    P1330313.JPG

    P1330314.JPG

    首元、白い肌着

    P1330315.JPG

    P1330316.JPG

    徒歩40分気分

    P1330317.JPG

    P1330318.JPG

    P1330319.JPG

    敷地内周遊

    P1330320.JPG

    P1330322.JPG

    P1330321.JPG

    敷地内周遊


    写真:筆者撮影

    Scan0042.jpg

    Scan0043.jpg

    20180403 鑑賞
    | 印象記 | 05:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3163