CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    紋谷幹男 (03/11)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    shizuokanishino (03/11)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    紋谷幹男 (02/02)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    岡村 光哲 (02/01)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    紋谷幹男 (12/30)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    サイトユフジ (12/26)
  • 2929 あかね画廊(中央区銀座4-3):日下部直起展
    紋谷幹男 (12/20)
  • 2947 巷房1(中央区銀座1-9):高橋敬子展
    紋谷幹男 (12/19)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3149 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):瀧田亜子展 | main | 3151 ギャラリー川船(中央区京橋3-3):山崎豊三展 >>
3150 ギャラリーなつか C−View(中央区京橋3-4):宮下怜展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞

     

    P1330831.JPG

    ギャラリーなつか C−View(中央区京橋3-4)では、宮下怜展。

    P1330843.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ー玩具焼ー。

    「玩具焼」
    味わい深い響きです。
    近い言葉で「
    人形焼」がありますが、
    それは、餡子入りの顔型カステラなので、
    「少し」違います。

    違いは明白ですが、
    既視感のある「形、フォルム」に語らせる、
    という共通点があります。
    それが何か、判別可能な「形、フォルム」を残しながら、
    片方は陶のファインアートになり、
    片方は和菓子になります。

    陶のファインアートへの飛躍は意外と難しく、
    飛び幅が近ければ、
    単なる陶による再現ですし、
    ※土産物に多い
    遠すぎれば、オリジナルがわからなくなってしまう。

    作家は玩具という独特の「立ち位置」のエッセンスを掬い取り、
    玩具ならではの生気を残しつつ、
    古代遺跡の妖しいスパイスを加え、

    有機的な抽象へと引き上げている。
    そんな印象でした。

    P1330844.JPG

    P1330846.JPG

    P1330845.JPG

    Canopus Capsule Baboon

    P1330849.JPG

    P1330848.JPG

    Timed doghouse

    P1330850.JPG

    P1330852.JPG

    海賊樽磨

    P1330853.JPG

    魏関車

    P1330855.JPG

    P1330856.JPG

    蠱毒怪獣

    P1330857.JPG

    P1330858.JPG

    P1330859.JPG

    Golden lucky


    写真:筆者撮影

    Scan0007.jpg

    Scan0008.jpg

    20180417 鑑賞

    | 印象記 | 05:34 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3169