CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    紋谷幹男 (03/11)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    shizuokanishino (03/11)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    紋谷幹男 (02/02)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    岡村 光哲 (02/01)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    紋谷幹男 (12/30)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    サイトユフジ (12/26)
  • 2929 あかね画廊(中央区銀座4-3):日下部直起展
    紋谷幹男 (12/20)
  • 2947 巷房1(中央区銀座1-9):高橋敬子展
    紋谷幹男 (12/19)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3155 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):伊藤純子展 | main | 3157 ギャラリー檜 F(中央区京橋3-9):小松タカシ展 >>
3156 ギャラリー檜 e(中央区京橋3-9):湯沢茂好展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1330991.JPG

    ギャラリー檜 e(中央区京橋3-9)では、湯沢茂好展。

    P1340010.JPG

    P1340011.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ー為体・身体ー。
    ※為体:ていたらく

    壁際に背の高い木彫が立っています。

    尖がった三角錐のようなシルエットですが、
    それが何なのか、
    あるいは、何を再現、暗示したのかはわかりません。

    全体のフォルムよりも、
    表面に執拗なまでに、深く、多く刻まれた
    鋸跡のインパクトが強く、
    このような事態に至ったモチベーションが
    気になります。

    彫刻は三次元の実在なので、空間に影響を与えますが、
    三次元の存在というより、
    過多な傷跡という表面は、
    接する空気に対する波動において、

    作為という運動(衝動)を雄弁に語っている。
    ※だから、形をもってはいけない。
    そんな印象でした。

    P1340014.JPG

    P1340015.JPG

    P1340012.JPG

    P1340013.JPG

    P1340016.JPG


    写真:筆者撮影

    Scan0021.jpg

    Scan0022.jpg

    20180417 鑑賞
    | 印象記 | 05:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3175