CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3158 GalleryK(中央区京橋3-9):飯島千恵 個展 | main | 3160 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):二人展 藤原清美・目黒允子 >>
3159 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):杉山康典展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1340039.JPG

    銀座K's Gallery(中央区銀座1-13)では、杉山康典展。

    P1340040.JPG

    P1340046.JPG

    会場風景。

    具象画のように、事象としてのモチーフが明確でない場合、
    いわゆる抽象画の場合、
    その表現すべき内容とともに、
    描く方法そのものの模索となります。

    作家は、創作のモチベーションを、
    無意識と意識に分けます。
    最初に、無の境地で、赤地に青い痕跡を残します。
    次に、無意識下の図像を様々に解釈しながら、
    明確化し、増幅させるため、
    いわばガイドラインとして、
    丸や四角を重ねてゆきます。

    自身の無意識と意識の、
    時間差におけるコラボレーションというわけです。

    作家自身の内にある不思議の海の
    俯瞰と表現方法として、
    その結果が絵画としてのクオリティを満たすことにおいて、
    興味深い試みと思われました。

    P1340041.JPG

    P1340042.JPG

    P1340043.JPG

    P1340044.JPG

    頂を越えて

    P1340050.JPG

    P1340051.JPG

    天使降臨

    P1340047.JPG

    P1340048.JPG

    明の刻


    写真:筆者撮影

    Scan0027.jpg

    Scan0028.jpg

    20180417 観賞
    | 印象記 | 05:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3178