CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    紋谷幹男 (03/11)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    shizuokanishino (03/11)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    紋谷幹男 (02/02)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    岡村 光哲 (02/01)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    紋谷幹男 (12/30)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    サイトユフジ (12/26)
  • 2929 あかね画廊(中央区銀座4-3):日下部直起展
    紋谷幹男 (12/20)
  • 2947 巷房1(中央区銀座1-9):高橋敬子展
    紋谷幹男 (12/19)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3159 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):杉山康典展 | main | 3161 Oギャラリー(中央区銀座1-4):稲垣昌子展 >>
3160 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):二人展 藤原清美・目黒允子
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1340058.JPG

    GALERIE SOL(中央区銀座1-5)では、
    二人展 藤原清美・目黒允子。

    P1340059.JPG

    会場風景。

    陶芸家の
    藤原清美(左の丸い作品)と、目黒允子(右の尖った作品)
    はともに華道家でもありますので、

    お互いの作品の間をキウイのつるが
    空に描いたドローイングの線のように
    這い回しています。
    結果、真っ白い無機質な展示空間が、
    ある具体的な場に変容しています。

    壁に掛けられた円盤群は太古のリズムをつくり、
    床に置かれた鋭利な立体群は、
    何かの主張、叫びのようです。


    会場全体で
    原始の営み思わせる、
    静かで強い生命の活動が始まっている。
    そんな印象でした。


    藤原清美の展示エリア。

    P1340061.JPG

    P1340062.JPG

    P1340063.JPG


    目黒允子の展示エリア

    P1340060.JPG

    P1340066.JPG

    P1340067.JPG


    写真:筆者撮影

    Scan0029.jpg

    Scan0030.jpg

    20180417 観賞
    | 印象記 | 05:20 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3179