CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3165 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):岡村桂三郎展 | main | 3167 Gallery-58(中央区銀座4-4): 水上 綾 展 >>
3166 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):白尾 真展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1340219.JPG

    ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4)では、白尾 真展。

    P1340220.JPG

    会場風景。

    寒色系で描かれた、穏やかなヨーロッパの風景画。
    写実的な風景画には
    個性が目立たないという固定概念は
    あっさり裏切られ、
    充分すぎる心地よい個性にあふれています。

    丁寧に描かれていますが、
    それは精巧に再現しようというモチベーションではなく、
    現実の風景から、
    懐かしい場面の夢を見ているかのような、
    幻想的な時間へと変化させるための、
    手続きのようです。

    実際の風景の奥にある、
    不思議な世界。
    そんな印象でした。


    P1340221.JPG

    P1340222.JPG

    春を待つ運河

    P1340224.JPG

    P1340225.JPG

    モン・サン・ミシェル

    P1340227.JPG

    P1340228.JPG

    P1340229.JPG

    ヴェネチア回想

    P1340231.JPG

    P1340232.JPG

    ヴェネチアの窓辺

    P1340234.JPG

    P1340235.JPG

    モンマルトル散策

    P1340237.JPG

    P1340238.JPG

    桜島遠望


    写真:筆者撮影

    Scan0043.jpg

    Scan0044.jpg

    20180417 鑑賞
    | 印象記 | 05:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3185