CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    紋谷幹男 (03/11)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    shizuokanishino (03/11)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    紋谷幹男 (02/02)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    岡村 光哲 (02/01)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    紋谷幹男 (12/30)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    サイトユフジ (12/26)
  • 2929 あかね画廊(中央区銀座4-3):日下部直起展
    紋谷幹男 (12/20)
  • 2947 巷房1(中央区銀座1-9):高橋敬子展
    紋谷幹男 (12/19)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3190 GalleryK(中央区京橋3-9):窪田健一展 | main | 3192 銀座K's Galleryーan(中央区銀座1-13):大谷早苗さんを偲ぶ会 >>
3191 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):大籠弘子展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1350483.JPG

    銀座K's Gallery(中央区銀座1-13)では、大籠弘子展。

    P1350484.JPG

    P1350485.JPG

    P1350492.JPG

    会場風景。

    緑系と青系の単色による、
    具体的な事象が認識できない、
    画面の全体が均質な、
    オールオーヴァーな抽象表現。

    近くで仔細に眺めれば、
    鉱物の割れた面のような、
    鋭利で複雑な凹凸が表現されています。
    驚くことに、
    CGや写真を転写したのではなく、
    画家が筆と絵具で、
    内面のイメージを
    手作業で可視化した結果なのです。
    ※平滑面なのですが、
    注意してみると、わずかな筆跡が確認できます。

    計り知れない深みが、
    不思議な色面の中に造形化されています。
    抽象的ですが、
    自然や悠久の時間のもつ力、
    それらの動きやひずみ、波動が現れてきます。
    鉱物的なのに生気が感じられる。
    そんな印象でした。

    P1350486.JPG

    P1350487.JPG

    P1350489.JPG

    作品と部分詳細。

    P1350493.JPG

    P1350494.JPG

    P1350496.JPG

    作品と部分詳細。

    P1350497.JPG

    P1350498.JPG

    P1350499.JPG

    P1350500.JPG

    作品と部分詳細。

    P1350501.JPG

    P1350502.JPG

    P1350505.JPG

    P1350504.JPG

    作品と部分詳細。

    写真:筆者撮影


    Scan0019.jpg

    Scan0020.jpg

    20180508 鑑賞
    | 印象記 | 05:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3210