CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3199 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):篠田飛鳥展 | main | 3201 NICHE GALLERY(中央区銀座3-3):古川幹広 個展 >>
3200 あかね画廊(中央区銀座4-3):遠崎高平個展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1350697.JPG

    あかね画廊(中央区銀座4-3)では、
    遠崎高平(エンザキコウヘイ)個展。

    P1350698.JPG

    P1350711.JPG

    会場風景。

    描かれているのは、
    登場人物が、
    生きていることを実感している一場面。

    光や影、群像の動きや仕草によって
    強い臨場感が、生まれています。
    それは、画家の掴み取る感性と、
    高い描写力の結果です。


    強い内的な力(喜び)が画面から発しています。
    これは生きていることの讃歌だな。
    そんな印象でした。


    P1350699.JPG

    P1350700.JPG

    P1350701.JPG

    喜び

    P1350703.JPG

    P1350704.JPG

    P1350705.JPG

    愛しているぜ世界

    P1350706.JPG

    P1350707.JPG

    家族

    P1350712.JPG

    P1350713.JPG

    P1350714.JPG

    瓶の中の夢


    写真:筆者撮影

    Scan0037.jpg

    Scan0038.jpg

    20180508 鑑賞
    | 印象記 | 09:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3219