CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3201 NICHE GALLERY(中央区銀座3-3):古川幹広 個展 | main | 3203 ギャラリー川船(中央区京橋3-3):瀬戸栄美子/瀬辺佳子展・1 >>
3202 GALLERY枝香庵(中央区銀座3-3):井崎聖子展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1350754.JPG

    GALLERY枝香庵(中央区銀座3-3)では、井崎聖子展。

    P1350761.JPG

    P1350760.JPG

    会場風景。

    薄く溶いた透明な絵具を幾層も重ねた
    抽象表現。

    画面からは、具体的な事象は見えてきませんが、
    作品名を確認すれば、
    具体的な言葉が選ばれていて、
    画家の発想に、
    少しは近付けたような気がします。

    現実に出会ったり気付いたりしたことを、
    絵画として再生させるため、
    単純化ではなく、浄化させようとした結果のようです。
    柔らかな光と風で出来上がった情景は、
    穏やかで優しい時間です。

    奥行きと、揺らぎの世界には奥行きがあって、
    鑑賞者を誘い込む。
    そんな印象でした。

    P1350755.JPG

    P1350756.JPG

    狭間

    P1350757.JPG

    P1350758.JPG

    パルメット

    P1350762.JPG

    P1350763.JPG

    カスタード

    P1350764.JPG

    P1350765.JPG

    おぼろつき

    P1350767.JPG

    P1350768.JPG

    水鏡


    写真:筆者撮影

    Scan0041.jpg

    Scan0042.jpg

    20180508 鑑賞
    | 印象記 | 05:39 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3221