CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3206 ギャラリー椿(中央区京橋3-3): 佐藤未希展 | main | 3208 GALLERY.b.TOKYO(中央区京橋3-5):飯 美樹 展 >>
3207 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):佐久間香子展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1360296.JPG

    アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5)では、佐久間香子展。

    P1360307.JPG

    P1360312.JPG

    会場風景。

    画面一面に野に咲く花が描かれていますが、
    作品名が示す通り、
    作品はモチーフの再現や説明が目的ではなく、
    花の姿で何かを抽象、象徴させているようです。

    花や葉以外の背景(状況)は表現されず、
    色は強い原色は避け、淡い色が使われ、
    奥行きや、気候、時間や光や影などの基本的なことも
    具体的に説明されず、
    ただひたすらに、花を描き込んでいます。
    リアルに描かれた抽象表現です。

    静かに奏でられたピアニッシモのような弱い音を重ねながら、
    強い旋律(存在感)を生み出しています。

    輪郭をきっちり強調した花弁のフォルムの面白さ、
    淡い色どうしの微妙な変化、

    風景から情景に変容する刹那。
    そんな印象でした。


    P1360297.JPG

    P1360298.JPG

    P1360299.JPG

    P1360300.JPG

    早苗月

    P1360303.JPG

    P1360304.JPG

    P1360305.JPG

    花の群舞

    P1360308.JPG

    P1360309.JPG

    P1360310.JPG

    春に向かう


    写真:筆者撮影

    Scan0005.jpg

    Scan0006.jpg

    20180522 鑑賞
    | 印象記 | 05:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3226