CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3207 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):佐久間香子展 | main | 3209 アートスペース繭(中央区京橋3-7):さとうしのぶ版画展 >>
3208 GALLERY.b.TOKYO(中央区京橋3-5):飯 美樹 展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1360313.JPG

    GALLERY.b.TOKYO(中央区京橋3-5)では、飯 美樹 展。

    P1360314.JPG

    P1360315.JPG

    P1360321.JPG

    会場風景。

    若い女性像ですが、
    特定の個人の姿を再現したというより、
    女性に何かを仮託している雰囲気。

    人物の動きは少ないものの、
    密度の濃い時間が流れています。

    日常の時間は自我に対しては無自覚に流れていきますが、
    自分自身が意識される一時があって、
    それを絵に描くことによって(切り取ることによって)、
    ごく当たり前の時間の中に、
    何か貴重な場面が顔を覗かせる。
    そんな印象でした。

    P1360316.JPG

    P1360317.JPG

    P1360318.JPG

    P1360319.JPG

    PLAY GROUND

    P1360327.JPG

    P1360330.JPG

    COLORED THINKER 

    P1360328.JPG

    COLORED THINKER 

    P1360322.JPG

    P1360324.JPG

    P1360325.JPG

    LOOKER


    写真:筆者撮影


    Scan0007.jpg

    Scan0008.jpg

    20180522 鑑賞
    | 印象記 | 05:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3227