CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    紋谷幹男 (03/11)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    shizuokanishino (03/11)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    紋谷幹男 (02/02)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    岡村 光哲 (02/01)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    紋谷幹男 (12/30)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    サイトユフジ (12/26)
  • 2929 あかね画廊(中央区銀座4-3):日下部直起展
    紋谷幹男 (12/20)
  • 2947 巷房1(中央区銀座1-9):高橋敬子展
    紋谷幹男 (12/19)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3221 Oギャラリー(中央区銀座1-4):中小路萌美展 | main | 3223 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):村山隆治展 >>
3222 OギャラリーUP・S(中央区銀座1-4):佐々木綱昌展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1360614.JPG

    OギャラリーUP・S(中央区銀座1-4)では、佐々木綱昌展。

    P1360628.JPG

    P1360634.JPG

    会場風景。

    一面が赤い画面。
    形や線など、意識を向ける対象はなく、
    一面が赤く塗られています。

    キャンバスのサイズが有限なので、
    この範囲で終わっていて、
    実は、大きな全体の一部なのかもしれません。
    あるいは、キャンバスがこの世界の全範囲なのでしょうか。

    赤く塗られていると書きましたが、
    それは遠目の印象であって、
    少し近付けば、
    画面の奥底の蠢きがこちらに迫ってきます。
    幾重にも色が重ねられ、
    表面の薄さや隙間から、
    過去の筆跡が現れています。

    複層のレイヤーの関係性による、
    響き合いや、干渉などは、
    画家が違う時間や違う感性で
    キャンバスに向かい合った
    時間のずれが成した現象で、
    それは、自然現象の神秘を想起させる。
    そんな印象でした。


    P1360629.JPG

    P1360630.JPG

    P1360631.JPG



    P1360635.JPG



    P1360638.JPG

    P1360639.JPG




    写真:筆者撮影

    Scan0035.jpg

    Scan0036.jpg

    20180522 鑑賞
    | 印象記 | 05:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3241