CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3223 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):村山隆治展 | main | 3225 Gallery-58(中央区銀座4-4): 田中 彰展 >>
3224 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):久間啓子展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1360674.JPG

    ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4)では、久間啓子展。

    P1360675.JPG

    会場風景。

    二紀会会員による独特な作風の海底の世界。

    リアルに緻密に描かれたウミガメに対して、
    背景のマーブル模様が大胆なまでに
    装飾的、幻想的で、
    そのテイストの大きな差による、
    自然界のコンフュージョンの視覚化が
    作品鑑賞の肝のようです。

    双方のテイストの、
    高い画力に支えられた完成度があってこその、
    対比の面白さなので、
    これが中途半端ならば、
    落ち着かない絵画になったのでしょう。

    強靭であるからこそ響きあう。
    それこそ自然界の成り立ち。
    そんな印象でした。

    P1360676.JPG

    P1360677.JPG

    P1360678.JPG

    P1360679.JPG

    P1360680.JPG

    P1360681.JPG

    Sea drops [Flow]
    ※2016 第70回記念二紀展 会員賞受賞作品

    P1360686.JPG

    P1360687.JPG

    P1360688.JPG

    P1360689.JPG

    P1360691.JPG

    Sea drops [rainy day]


    写真:筆者撮影

    Scan0041.jpg

    Scan0042.jpg

    20180522 鑑賞
    | 印象記 | 05:25 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3243