CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3254 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岩橋眞理展 | main | 3256 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):金沢健一展 >>
3255 StepsGallery(中央区銀座4-4):高橋ブランカ写真展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞

    P1370403.JPG

    StepsGallery(中央区銀座4-4)では、高橋ブランカ写真展。

    P1370411.JPG

    P1370412.JPG

    P1370406.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ーSleepless in Russiaー。

    高橋ブランカは、作家、翻訳家、写真家、舞台女優 。
    旧ユーゴスラヴィア生まれで、
    1995年 来日。1998年 日本に帰化しています。

    今回の作品は、
    作家がロシア滞在中に撮った友人のポートレイトです。

    個人的に楽しむポートレイトと、
    アートとしての
    人物写真の違いというか、
    どんな差異においてアートたりえるか、
    という問題提起が漂います。
    ※今回は、ギャラリストによって選定された、
    ギャラリーに展示された写真ということで、
    アートであるという前提が設定されています。

    作家の友人がモデルなので、
    作品鑑賞においては、
    誰を撮るかという興味よりも、
    どう撮るかという興味が浮上します。

    どう撮れば、
    ポートレイトは鑑賞者に刺激を与えるのか。

    確かに、

    この人をもっと知りたいというか、
    しゃべるとどんな会話になるのか、とか。
    そんな、表層の奥に入り込んでいきたくなる衝動は、
    アート性を生む。
    そんな印象でした。

    P1370407.JPG

    P1370408.JPG

    P1370409.JPG

    P1370410.JPG


    写真:筆者撮影

    Scan0051.jpg

    Scan0052.jpg

    20180605 鑑賞

    | 印象記 | 05:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3274