CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3257 ギャラリー椿(中央区京橋3-3):井澤由花子展 | main | 3259 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3):村井進吾展 >>
3258 ギャラリー椿 GT2(中央区京橋3-3):宗 沙弥子展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1370947.JPG

    ギャラリー椿 GT2(中央区京橋3-3)では、
    宗 沙弥子(Sayako So)展。

    P1370967.JPG

    P1370968.JPG

    P1370969.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、「露晴ーツユハレー」。

    画家が感じたことで、
    どうしても絵画化したいことがあって、
    それは、何か具体的な事象の再現や、
    純粋な抽象表現では間に合わず、
    ある場面のある部分、
    あるいは、ある刹那といった、
    「捉え方」で表現しているイメージ。


    俳句に通じる感性と思われました。

    絵画にはたっぷりとした含みがあり、
    鑑賞者は、
    絵画から始まる何事かに、
    同行する。
    そんな印象でした。

    P1370970.JPG

    P1370971.JPG

    作品と部分詳細。

    P1370972.JPG

    P1370973.JPG

    作品と部分詳細。

    P1370974.JPG

    P1370975.JPG

    作品と部分詳細。

    P1370976.JPG

    P1370977.JPG

    作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影

    Scan0003.jpg

    Scan0004.jpg

    20180619 鑑賞

    | 印象記 | 05:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3277