CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3266 純画廊(中央区銀座1-9):小島徳朗展 | main | 3268 ポーラ ミュージアム アネックス(中央区銀座1-7):八木夕菜展 >>
3267 巷房1+巷房2+階段下(中央区銀座1-9):青野 正 展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞

     


    P1380172.JPG

    巷房1+巷房2+階段下(中央区銀座1-9)では、青野 正 展。

    P1380160.JPG

    巷房2会場風景。
    展覧会タイトルは、ー
    Iron narrativeー。
    ※鉄の物語

    錆びた鉄による、
    人や花の彫刻です。
    単体が台座に乗っている普通の彫刻作品と異なり、
    1つの壁面を舞台(場面)と見立て、
    人を中心に、様々なパーツがシンメトリーに配置され、
    1つの物語が
    紡がれています。

    人は、流木のような板材に固定されていますが、
    台座が十字架の暗示であることが
    気になります。

    十字架と人となれば、
    キリストの最終焉に於ける、ゴルゴダの丘の光景です。

    最後の場面が錆びた鉄で再現されています。
    それは、最後が封じ込まれ、
    そこから悠久の時が流れたことを示すようです。
    人の最後が訪れたが、
    時間はそこで終わらず、
    永遠に流れ、これからも流れてゆくが、
    人がいたという記憶も、
    時の流れとともにに運ばれてゆき、
    永遠性を宿す。
    そんな印象でした。

    優れたアートは作品(事物)から、
    体験を導きます。


    P1380161.JPG

    P1380162.JPG

    P1380163.JPG

    P1380164.JPG

    P1380154.JPG

    P1380155.JPG

    P1380156.JPG

    P1380157.JPG

    P1380158.JPG

    P1380165.JPG

    P1380166.JPG

    P1380167.JPG

    P1380168.JPG

    P1380170.JPG

    P1380171.JPG


    階段下会場風景。

    P1380173.JPG

    P1380174.JPG

    P1380176.JPG

    P1380177.JPG


    巷房1会場風景。

    P1380185.JPG

    P1380186.JPG

    P1380187.JPG

    P1380178.JPG

    P1380179.JPG

    P1380180.JPG

    P1380192.JPG

    P1380181.JPG

    P1380182.JPG

    P1380183.JPG

    P1380189.JPG

    P1380190.JPG

    P1380191.JPG


    写真:筆者撮影

    Scan0019.jpg

    Scan0020.jpg

    20180619 鑑賞
    | 印象記 | 06:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3285