CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3265 GalleryK(中央区京橋3-9):蓬生ゆり展 | main | 3267 巷房1+巷房2+階段下(中央区銀座1-9):青野 正 展 >>
3266 純画廊(中央区銀座1-9):小島徳朗展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1380194.JPG

    P1380206.JPG

    純画廊(中央区銀座1-9)では、小島徳朗展。
    展覧会タイトルは、ーframe/phraseー。

    伝える(表現する)手段としての文字と絵画。

    最初の絵文字時代は、発想としては近いのですが、
    絵文字が抽象化されることで、分離が始まり、
    文字は記号化され、組み合わせ、体系化し、
    複雑な情報の正確な伝達が可能になり、

    絵画(造形芸術=空間芸術)と、
    文学(言語芸術=時間芸術)は、
    フィールドの異なる表現方法となります。

    絵画という前提を保ちつつ、
    絵文字〜記号化という進化を追体験するというモチベーションは、

    ミニマル・アートとは別次元の美的世界を拓く予感がしました。
    そこに現れた二次元情報は、
    感性という手段で、
    絵文字の純度(喜び)を高めている。
    そんな印象でした。

    P1380195.JPG

    P1380196.JPG

    P1380197.JPG

    や/ま

    P1380199.JPG

    P1380200.JPG

    P1380201.JPG

    や/ま

    P1380203.JPG

    P1380204.JPG

    P1380205.JPG

    や/ま

    P1380211.JPG

    P1380212.JPG

    P1380213.JPG

    や/ま

    P1380207.JPG

    P1380208.JPG

    P1380209.JPG

    い/え


    写真:筆者撮影

    Scan0021.jpg

    Scan0023.jpg

    Scan0024.jpg

    Scan0022.jpg

    20180619 鑑賞

     
    | 印象記 | 06:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3286