CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3269 ギャラリーゴトウ(中央区銀座1-7):早川重章 新作展 | main | 3271 ぎゃらりぃ朋(中央区銀座1-5):對村孝子展 >>
3270 GALERIE SOL(中央区銀座1-5):根岸創展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1380263.JPG

    GALERIE SOL(中央区銀座1-5)では、根岸創展。

    P1380265.JPG

    P1380266.JPG

    P1380269.JPG

    会場風景。

    床、壁、天井が真っ白の、
    重力が意識されないような非日常的な空間に、
    ステンレスの植物が浮遊しています。
    「浮遊」効果を高めるため、
    作品の台座、壁から持出されるブラケットは白く塗られ、
    その存在がないこと、
    葉のみが実態であることが暗示されています。

    植物と書きましたが、
    形態的に近しいだけで、
    特定の植物を再現したわけではないようです。

    何が再現されたかといえば、
    成長、開花、落葉をつかさどる
    生命のエネルギーの妖しさでしょうか。

    微妙な光沢の、ヘアーラインステンレスという、
    植物とは対極にある素材感は、
    有機から無機という大きな反転のなかで、
    美しいしなやかさだけが抽出される。
    そんな印象でした。

    P1380267.JPG

    P1380268.JPG



    写真:筆者撮影



    20180619 鑑賞
    | 印象記 | 05:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3289