CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3272 Oギャラリー(中央区銀座1-4):古山浩一展 | main | 3274 藤屋画廊(中央区銀座2-6):皆川嘉博展 >>
3273 OギャラリーUP・S(中央区銀座1-4):伊藤由華展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1380288.JPG

    OギャラリーUP・S(中央区銀座1-4)では、伊藤由華展。

    P1380289.JPG

    会場風景。

    若い女性のポートレート。
    特定の誰かの特徴ではなく、
    逆に、特徴付るような個性を排除しがら、
    普遍的な何かを表に現わそうとしているようです。

    ユニークな画法として、
    表面をはんだごてで引っ掻いています。
    溶かされた線状の痕跡と、
    現れた奥の複雑な色により、
    描かかれた跡と、削られた跡という、
    二つの行為の混在によって、
    あえて平面的に描かれた絵画の背面に、
    別の次元が感じられる。
    そんな印象でした。

    P1380290.JPG

    P1380291.JPG

    P1380292.JPG

    P1380293.JPG

    赤い糸

    P1380295.JPG

    P1380296.JPG

    P1380297.JPG

    P1380298.JPG

    愛を捧ぐ

    P1380307.JPG

    P1380308.JPG

    P1380309.JPG

    守り花


    写真:筆者撮影

    Scan0033.jpg

    Scan0034.jpg

    20180619 鑑賞

     
    | 印象記 | 05:07 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3292