CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    紋谷幹男 (03/11)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    shizuokanishino (03/11)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    紋谷幹男 (02/02)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    岡村 光哲 (02/01)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    紋谷幹男 (12/30)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    サイトユフジ (12/26)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3275 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):菅原道朝展 | main | 3277 Gallery-58(中央区銀座4-4): 上里 洋 展 >>
3276 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):大島由美子展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1380391.JPG

    ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4)では、大島由美子展。

    P1380386.JPG

    P1380389.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ーo.r.uー。

    春陽会絵画部会員による、壁掛け展示の半立体作品。
    壁掛け展示の半立体作品といえば、レリーフですが、
    レリーフは立体化された絵画で、
    絵画と同じく正面からの鑑賞が前提となりますが、
    これらの作品は、真正面からでも面白いのですが、
    視点の角度を変えることによる、
    多様な変化も面白味になっています。

    「o.r.u=折る」が展覧会タイトルになっているように、
    平面上に「何でもあり」の立体造形を施すのではなく、
    山折り谷折りした平面の組み合わせ」
    という規範の元で構成されています。

     

     

    分節された各面への配色がなかなかに絶妙で、

    その肌合いも、

    記号的に、均一に塗りつぶさず、

    かといって、ことさらに筆跡や模様など、

    面上での語らいは最低限に留めつつも、

     

    複数の色の重なりで深みを表現しています。

    二次元の絵画では成し得ない、
    展示空間そのものへの影響力。
    強調されたシンプルな形の関係性としてのフォルムの面白さ。
    そんな印象でした。

    P1380373.JPG

    P1380374.JPG

    P1380375.JPG

    作品と部分詳細。

    P1380376.JPG

    P1380377.JPG

    P1380378.JPG

    ​作品と部分詳細。

    P1380379.JPG

    P1380380.JPG

    P1380381.JPG

    ​作品と部分詳細。

    P1380382.JPG

    P1380383.JPG

    P1380384.JPG

    P1380385.JPG

    ​作品と部分詳細。

    P1380387.JPG

    P1380388.JPG

    ​作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影

    Scan0040.jpg

    Scan0041.jpg

    20180619 鑑賞

    | 印象記 | 05:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3295