CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3280 Hikarie8/ CUBE 1,2,3(渋谷区渋谷2-21渋谷ヒカリエ8F):「SILENCIO」展 | main | 3282 RAT HOLE GALLERY(港区南青山5-5-3):レイチェル・ハリソン展 >>
3281 hpgrp GALLERY TOKYO(港区南青山5-7-17):尾花賢一展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1130627.JPG

    P1130607.JPG

    hpgrp GALLERY TOKYO(港区南青山5-7-17)では、
    尾花賢一展。

    会場風景。
    展覧会タイトルは、
    「森の奥、そしてー後編ー」

    この作家は、
    目出し帽(フェイスマスク)を被った人たちのある場面を
    描いたり、立体化することで、
    人の哀しみと可笑しみを発酵させています。

    真面目(シリアス)になればなるほど
    滑稽さが増幅される
    目出し帽効果は秀逸でした。

    今回は、限定された場面では、
    言い尽くせなくなったようで、
    劇画仕立てのドローイングと、舞台装置を揃えた立体作品で、
    物語性を引き出しています。

    正直、筆者は、
    目出し帽男が森の奥で何に出会い、何を想ったのかは
    分からず仕舞でしたが、
    分からない向こうに、
    分かるべき何かが存在するという手応えは、
    分かり様もないファインアートに比べ、
    作品の理解の装置という意味では、
    新鮮な鑑賞体験でした。


    P1130611.JPG

    P1130612.JPG

    P1130608.JPG

    P1130609.JPG

    P1130610.JPG

    P1130613.JPG

    P1130615.JPG

    P1130616.JPG

    P1130617.JPG



    P1130618.JPG

    P1130620.JPG

    P1130625.JPG

    P1130621.JPG

    P1130622.JPG

    P1130623.JPG

    P1130624.JPG

    写真:筆者撮影

    20180627 鑑賞

     
    | 印象記 | 05:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3300