CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3288 ギャラリー椿(中央区京橋3-3):山本麻友香展 | main | 3290 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3):野田裕示展 >>
3289 ギャラリー椿 GT2(中央区京橋3-3): 岩田ゆとり展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1380484.JPG

    ギャラリー椿 GT2(中央区京橋3-3)では、岩田ゆとり展。

    P1380505.JPG

    P1380506.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ーIn The Roomー。

    若い女性を描きながら、
    肝心の顔が画面に現れていません。
    それは、意図的に隠したというより、
    感情という現象を表現する手段として、
    顔よりも重要なものがあるはず、
    という、自然な発想の結果のようです。

    人物画を描くモチベーションにおいて、
    刺激的な立ち位置です。

    感情(内面)を絵画的に美しく可視化する試み。
    結果、感情(内面)は生気を帯びる。
    そんな印象でした。

    P1380507.JPG

    P1380508.JPG

    座る

    P1380510.JPG

    P1380511.JPG

    守る

    P1380513.JPG

    ふたり

    P1380519.JPG

    P1380520.JPG

    covered

    P1380515.JPG

    P1380516.JPG




    写真:筆者撮影




    20180710 鑑賞

     
    | 印象記 | 05:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3308