CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3295 アートスペース羅針盤(中央区京橋3-5):加藤 覚展 | main | 3297 ギャラリー檜 e・F(中央区京橋3-9):山岸俊之展 >>
3296 アートスペース繭(中央区京橋3-7):伊藤秀男展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1380642.JPG

    アートスペース繭(中央区京橋3-7)では、伊藤秀男展。

    P1380623.JPG

    会場風景。

    展覧会タイトルは、
    ー新しい旅古い旅で出会った人や風景ー。

    画家は稀代の絵本作家でもありますから、
    絵画に込める思いが、
    あるいは、絵画を描く動機に、
    この画家だけの独自性があります。

    旅で出会った風景にはとどまらず、
    なにか記憶に引っかかった出来事、情景の、
    引っかかった理由、
    そのエッセンスを、
    絵画として再生させたようです。

    街角のささやかな一場面は、
    芸術家の独特な感性によって発見され、
    作家の物語に取り込まれ、
    新たな息吹が吹き込まれる。
    そんな印象でした。

    P1380624.JPG

    P1380625.JPG

    サイゴン風景2

    P1380627.JPG

    P1380628.JPG

    リスボンの魚屋さん(娘さん)

    P1380630.JPG

    P1380631.JPG

    シャルトルの水辺(フランス)

    P1380633.JPG

    P1380634.JPG

    波照間のそばや(沖縄・先島)

    P1380639.JPG

    P1380640.JPG

    島の人とM先生(山口県祝島)


    写真:筆者撮影

    Scan0016.jpg

    Scan0017.jpg

    20180710 鑑賞
    | 印象記 | 05:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3315