CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    紋谷幹男 (03/11)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    shizuokanishino (03/11)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    紋谷幹男 (02/02)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    岡村 光哲 (02/01)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3297 ギャラリー檜 e・F(中央区京橋3-9):山岸俊之展 | main | 3299 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):今福ちか展 >>
3298 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):五島三子男展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1380653.JPG

    銀座K's Gallery(中央区銀座1-13)では、五島三子男展。

    P1380654.JPG

    会場風景。

    二種の異なるテイストの平面作品と、立体作品。

    作家は、自身を取り巻く自然、
    空気や風や、様々な生き物への畏敬の念を、
    画面へ繋ぎ止める手段そのものを
    意識しているようです。
    手段によって、このようにアウトプットが変わることは
    当然なのでしょう。

    じっと見ていると、
    様々なディテールが浮かび上がってきます。
    自然はディテールの集積なのだという、
    実感が伝わります。


    ミニマルな抽象表現のなかで、
    イメージの豊かさが息づいている。
    そんな印象でした。


    P1380655.JPG

    P1380656.JPG

    P1380657.JPG

    P1380658.JPG

    P1380659.JPG

    Grass dimension -4

    P1380661.JPG

    P1380662.JPG

    P1380663.JPG

    Dialogue(海浜にあそぶ)

    P1380665.JPG

    P1380666.JPG

    P1380667.JPG

    Grass wording -6

    P1380678.JPG

    P1380673.JPG

    P1380674.JPG

    P1380675.JPG

    P1380676.JPG

    Gray dimension -4

    P1380683.JPG

    P1380684.JPG

    Dialogue(海浜)



    写真:筆者撮影

    Scan0021.jpg

    Scan0022.jpg

    20180710 鑑賞
    | 印象記 | 05:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3317