CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3302 藍画廊(中央区銀座1-5):眷蝋静 | main | 3304 OギャラリーUP・S(中央区銀座1-4):井関 洋展 >>
3303 Oギャラリー(中央区銀座1-4):倖子の墨の絵展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1380799.JPG

    Oギャラリー(中央区銀座1-4)では、倖子の墨の絵展。

    P1380817.JPG

    会場風景。
    山崎倖子による墨絵。

    とても太い筆で、
    強くシンプルな形が残され、
    一転、その周囲に、
    細かい模様が繰り返されています。
    細かい模様と調子を合わせるように、
    銀箔片が並びます。

    作品の骨格となるイメージは、
    太い線が誘導しますが、
    周囲の文様は、
    香り、風なのどの空気感や、
    生命感などの化身のようです。

    質感の違いが不協和音を発しますが、
    それらの総ては、画家によって制御され、
    画面では奥行きがうまれ、
    ドラマチックで官能的な、
    意外と身近な、別の世界へと誘い込む。
    そんな印象でした。

    P1380818.JPG

    P1380819.JPG

    P1380823.JPG

    P1380820.JPG

    P1380821.JPG

    上等な空間
    和紙、墨、銀箔

    P1380824.JPG

    P1380825.JPG

    P1380826.JPG

    楽しいね
    和紙、墨、銀箔

    P1380829.JPG

    P1380830.JPG

    P1380831.JPG

    自然のおごさ
    和紙、墨、銀箔

    P1380833.JPG

    P1380834.JPG

    P1380835.JPG

    P1380836.JPG


    和紙、墨、銀箔


    写真:筆者撮影

    Scan0027.jpg

    Scan0028.jpg

    20180710 鑑賞
    | 印象記 | 05:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3322