CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    紋谷幹男 (03/11)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    shizuokanishino (03/11)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    紋谷幹男 (02/02)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    岡村 光哲 (02/01)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    紋谷幹男 (12/30)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    サイトユフジ (12/26)
  • 2929 あかね画廊(中央区銀座4-3):日下部直起展
    紋谷幹男 (12/20)
  • 2947 巷房1(中央区銀座1-9):高橋敬子展
    紋谷幹男 (12/19)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3306 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):80年代の美術展1 | main | 3308 あかね画廊(中央区銀座4-3):京都独立美術女流二人展 >>
3307 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):穂積節子et中村和子展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1380918.JPG

    ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4)では、
    穂積節子et中村和子展。

    P1380915.JPG

    P1380916.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、 ーDeux Femmesー 。
     

     

    全く異なる作風の作品が交互に展示されています。

    当然、交互の鑑賞となります。
     

     

    それぞれの画面には、
    モチーフの残滓があります。
    そういった観点では、
    自己の内面風景や、美的衝動が顕れるような
    純粋な抽象表現ではなく、
    発想の起点になった何かの再現が
    モチベーションになる、
    半具象といえます。

    「発想の起点になった何か」
    からスタートする画業のゴールは、
    画家によってここまで離れていくのかと、

    絵画の面白味を感じます。
    その「遠さ」は洗練の質の違いの結果。

    絵画は「もの・こと」と画家との関係によって
    たまたま生まれた事態。
    そんな印象でした。



    穂積節子の作品

    P1380917.JPG

    P1380894.JPG

    P1380895.JPG

    P1380896.JPG

    天使が来た

    P1380901.JPG

    P1380902.JPG

    P1380903.JPG

    オレンジのダイアリー

    P1380905.JPG

    P1380906.JPG

    春はあけぼの

    P1380911.JPG

    P1380912.JPG

    揺れる


    中村和子の作品

    P1380908.JPG

    P1380909.JPG

    In The Sky

    P1380898.JPG

    P1380899.JPG

    Snow Flake


    写真:筆者撮影

    Scan0039.jpg

    Scan0040.jpg

    20180710 鑑賞

    | 印象記 | 05:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3326