CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3308 あかね画廊(中央区銀座4-3):京都独立美術女流二人展 | main | 3310 GALLERY枝香庵(中央区銀座3-3):谷村優希展 >>
3309 GALLERY枝香庵Flat(中央区銀座3-3):片山みやび展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1380937.JPG

    GALLERY枝香庵Flat(中央区銀座3-3)では、片山みやび展。

    爽やかなイメージの抽象表現。

    何故、爽やかに感じられたのか。
    綺麗な色のシンプルな形で構成されているから。
    画面の中に、ガラスが混在して、
    絵具のマチエールとは異種の
    輝きや透明感を発しているから。

    それらの相乗効果によって、
    自然現象にも似た、
    複雑な出来事が起こっています。

    油彩画にガラスをコラージュする手法は、
    「クラフト」に陥る可能性がありますが、
    作家の、沸き起こるイメージを、
    ミニマルにまとめ上げる造形力が、
    楽々とアートの領域に引き上げています。

    P1380938.JPG

    P1380939.JPG

    P1380940.JPG

    新しいなごみ

    P1380942.JPG

    P1380943.JPG

    P1380944.JPG

    遠い眺めに

    P1380947.JPG

    P1380948.JPG

    P1380949.JPG

    とおせんぼ


    写真:筆者撮影

    Scan0043.jpg

    Scan0044.jpg

    20180710 鑑賞
    | 印象記 | 05:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3328