CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    紋谷幹男 (03/11)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    shizuokanishino (03/11)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    紋谷幹男 (02/02)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    岡村 光哲 (02/01)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    紋谷幹男 (12/30)
  • 2966 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3): サイトユフジ展
    サイトユフジ (12/26)
  • 2929 あかね画廊(中央区銀座4-3):日下部直起展
    紋谷幹男 (12/20)
  • 2947 巷房1(中央区銀座1-9):高橋敬子展
    紋谷幹男 (12/19)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3311 Hikarie8/ CUBE 1,2,3(渋谷区渋谷2-21渋谷ヒカリエ8F):ソフビクレイジー展 | main | 3313 Hikarie8/ CUBE 1,2,3(渋谷区渋谷2-21渋谷ヒカリエ8F):7th Heaven展・1 >>
3312 Hikarie8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery(渋谷区渋谷2-21渋谷ヒカリエ8F):国川広 展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1130853.JPG

    Hikarie8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery
    (渋谷区渋谷2-21渋谷ヒカリエ8F)では、国川広 展。

    P1130873.JPG

    P1130863.JPG

    P1130862.JPG

    P1130854.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ー未分のレポートー。

    ある場所に裸の人物。
    そこまではなんとかわかりますが、
    その先の文字化は困難です。

    現実の世界からふと脇に入ったところに
    「なにがしか」があったとして、
    脇との距離感や入る顛末を
    描こうとしているのではないかと思われます。

    そのためには明確な事物ではなく、
    かといって、意味不明な抽象表現でもなく、
    作家にも鑑賞者にも最低限のメッセージとなる、
    「ひと」の形に仮託させたのでしょう。

    絵画という現実を挟んで、作家と鑑賞者がいます。
    手を伸ばせばぎりぎり何とか触れ合うことのできる
    距離としての「ひと」の形。
    それならなんとか絵になるといった切迫感の現れ。
    そんな印象でした。

    P1130855.JPG

    P1130856.JPG

    P1130857.JPG

    作品と部分詳細。

    P1130858.JPG

    P1130859.JPG

    P1130860.JPG

    P1130861.JPG

    作品と部分詳細。

    P1130866.JPG

    P1130867.JPG

    P1130868.JPG

    P1130869.JPG

    P1130870.JPG

    作品と部分詳細。

    P1130874.JPG

    P1130875.JPG

    P1130876.JPG

    作品と部分詳細。

    P1130864.JPG

    P1130871.JPG

    P1130872.JPG

    作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影





    20180719 鑑賞
    | 印象記 | 05:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3333