CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3317 ギャルリー東京ユマニテ(中央区京橋3-5-3):向山裕展 | main | 3319 GALLERY.b.TOKYO(中央区京橋3-5):小野澤香織展 >>
3318 ギャルリー東京ユマニテ bis(中央区京橋3-5-3):白 寅惠展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1390023.JPG

    ギャルリー東京ユマニテ bis(中央区京橋3-5-3)では、
    白 寅惠(ペク インヘ)展。

    P1390061.JPG

    P1390062.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ーしなやかな音ー。

    風景のようですが、
    かなりの近景で、
    葉の群れが画面いっぱいを覆っています。
    特定の場所の再現というより、
    森の記憶、森で感じた驚きや安心感の余韻、
    それらは作家の一部として残り続けるであろうという予感、
    それらの絵画化のようです。

    黒い線や、影を排した、
    緑を中心とした階調には変化があり、
    気持ちの良い複雑な韻律が生まれています。
    緑の色面はまるで緑陰を閉じ込めたような
    湿度の高いある香りが立ち込めます。
    森には、外部へ主張しながらも、
    内部へ内部へ入っていく求心性がある。
    そんな印象でした。

    P1390063.JPG

    P1390064.JPG

    P1390065.JPG

    P1390066.JPG

    Fuga

    P1390068.JPG

    P1390069.JPG

    P1390070.JPG

    P1390071.JPG

    Ritardando

    P1390073.JPG

    P1390074.JPG

    P1390075.JPG

    Vivace


    写真:筆者撮影

    Scan0012.jpg

    Scan0013.jpg

    20180724 鑑賞

    | 印象記 | 05:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3337