CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    紋谷幹男 (03/11)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    shizuokanishino (03/11)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    紋谷幹男 (02/02)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    岡村 光哲 (02/01)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3321 ギャラリー檜 B・C(中央区京橋3-9):浅野典子展 | main | 3323 ギャラリー檜 F(中央区京橋3-9):後藤 瞳展 >>
3322 ギャラリー檜 e(中央区京橋3-9):千葉弘美展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1390114.JPG

    ギャラリー檜 e(中央区京橋3-9)では、千葉弘美展。

    P1390127.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、EHONー光景ー。

    少し物寂しい感じの風景画。
    黄昏時でしょうか、
    夕焼けの空の下の街並みは、逆光で黒ずんでいます。
    画家は、空や建物、自然の樹木や山などの綺麗さに
    目を向けていません。
    むしろ、分かりやすい美的表層を避け、
    風景の成り立ちを浮かび上がらせています。

    紫や深緑色、あるいはまだ冬の気配の沈んだ色彩、
    それらをまるで一つひとつの出来事のように表現しています。
    特定の風景を写生しているのではなく、
    この画面の中に画家だけの場面を創造している。
    そんな印象でした。

    ※絵画そのものが充分に魅力的なので、
    素木の窓枠に見立てたり、衝立に仕立てたりといった、
    絵画とは次元の異なるパーツによる補足は、
    不要というか、逆効果に思えました。

    P1390128.JPG

    P1390129.JPG

    P1390130.JPG

    ​higasiikebukuro

    P1390131.JPG

    P1390132.JPG

    P1390133.JPG

    P1390134.JPG

    yilan

    P1390135.JPG

    P1390136.JPG

    fulong

    P1390137.JPG

    ishinomaki

    写真:筆者撮影

    Scan0022.jpg

    Scan0023.jpg

    20180724 鑑賞
    | 印象記 | 05:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3341