CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3324 GalleryK(中央区京橋3-9):鯉沼絵里子展 | main | 3326 巷房1(中央区銀座1-9):揚村弘美展 >>
3325 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):清水香帆展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1390174.JPG

    画廊からの発言「新世代への視点2018」

    ギャラリーQ(中央区銀座1-14)では、清水香帆展。

    「新世代への視点2018」は、
    東京現代美術画廊会議主催で、
    1993年より続く、
    銀座・京橋を中心とした11画廊が推薦する
    新鋭作家の個展を各会場で同時開催する企画です。

    P1390175.JPG

    P1390176.JPG

    会場風景。

    勢いある筆致で強く明確な形が描かれています。
    花や人などの認識できる形ではありませんが、
    自然発生的ではない、
    これしかないといった、明確な意思を感じます。

    ややパースがかった表現からは、
    距離や奥行き、そのフィールドの空間や、
    移動や変化を司るエネルギーが発散されます。

    画家が明確な完成形がイメージされないまま、
    描いているうちにこれらの形態や動きが現れてくる感じです。
    さらに踏み込めば、
    画家はこれらの形態が動く場を創り出している。
    そんな印象でした。

    P1390177.JPG

    P1390178.JPG

    P1390179.JPG

    昇る森

    P1390181.JPG

    P1390182.JPG

    P1390183.JPG

    映る夜

    P1390185.JPG

    P1390186.JPG

    P1390187.JPG

    汽水域


    写真:筆者撮影

    Scan0001.jpg

    Scan0002.jpg

    Scan0003.jpg

    Scan0031.jpg

    Scan0029.jpg

    Scan0030.jpg

    20180724 鑑賞
    | 印象記 | 05:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3344