CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    紋谷幹男 (03/11)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    shizuokanishino (03/11)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    紋谷幹男 (02/02)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    岡村 光哲 (02/01)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3325 ギャラリーQ(中央区銀座1-14):清水香帆展 | main | 3327 ポーラ ミュージアム アネックス(中央区銀座1-7):野口哲哉展 >>
3326 巷房1(中央区銀座1-9):揚村弘美展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1390190.JPG

    巷房1(中央区銀座1-9)では、揚村弘美展。

    構図が独特で、
    作品に漂う空気感が印象的です。
    派手なインパクトはないものの、かなり描き込んでいて、
    真摯な画業とはこういうことだな、と思わせます。
    新鮮な絵心を常に持つことと、
    高い技術が加わると、
    作品に味わい深さが漂います。

    刻耀石という特殊な基材の効果か、
    マチエールには深みがあり、
    重ねられた繊細な線や色面は、
    それぞれが響きあい、
    優しい空気が画面を包み込んでいる。
    そんな印象でした。

    P1390191.JPG

    P1390192.JPG

    P1390194.JPG

    P1390193.JPG

    初夏(柚子の木)

    P1390199.JPG

    P1390200.JPG

    P1390202.JPG

    P1390201.JPG

    春待ち

    P1390204.JPG

    P1390206.JPG

    P1390205.JPG

    散歩

    P1390208.JPG

    P1390209.JPG

    雲をあやつる人

    P1390211.JPG

    P1390212.JPG

    草原にしずむ

    P1390214.JPG

    P1390215.JPG

    彼方で待つ人


    写真:筆者撮影

    Scan0032.jpg

    Scan0033.jpg

    20180724 鑑賞





     
    | 印象記 | 05:38 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3345