CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3327 ポーラ ミュージアム アネックス(中央区銀座1-7):野口哲哉展 | main | 3329 藍画廊(中央区銀座1-5):しばたみづき展 >>
3328 ギャラリーゴトウ(中央区銀座1-7):野見山暁治展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1390305.JPG

    ギャラリーゴトウ(中央区銀座1-7)では、野見山暁治展。

    P1390306.JPG

    P1390307.JPG

    会場風景。
    展覧会タイトルは、ー夏の遊びー。

    野見山 曉治
    (のみやま ぎょうじ、1920年12月17日 〜)
    現代日本を代表する画家の一人で、
    2014年には文化勲章を受章しています。

    現在97歳の画家の新作が並びます。
    これまでの作風を継承する、
    具体的に理解できる事象の無い、純度の高い抽象表現ですが、

    作品名は直接的な言葉です。

    「版画にドローイング」のシリーズでは、
    背の丸い亀のような、魚のようなものが
    画面の中央に蠢いているという、
    共通点があります。
    もちろん、何モノかが何ゴトかを行う場面ではないものの、
    画家の内面に起こった出来事が、
    このように、画面に現れ出た時に、
    見る者が、
    質量や質感という現象ではなく、
    存在そのものを予感できる共感力こそ、
    絵画の力なのだと思わせます。

    具象画では理解(文字化が可能)は容易ですが、
    共感(言葉にならない)への衝突は、
    このレベルの抽象で初めて可能なのだ。
    そんな印象でした。

    P1390308.JPG

    P1390309.JPG

    誰も来ないな

    P1390317.JPG

    P1390318.JPG

    景色のきれっぱし

    P1390323.JPG

    P1390324.JPG

    すっかり忘れた

    P1390311.JPG

    P1390312.JPG

    見失った日

    P1390320.JPG

    P1390321.JPG

    みんな忘れた


    写真:筆者撮影

    Scan0039.jpg

    Scan0040.jpg

    20180724 鑑賞
    | 印象記 | 04:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3347