CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3332 Oギャラリー(中央区銀座1-4):瀬川麻衣子展 | main | 3334 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):滝本優美展 >>
3333 OギャラリーUP・S(中央区銀座1-4):花澤美希展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1390382.JPG

    OギャラリーUP・S(中央区銀座1-4)では、花澤美希展。

    P1390404.JPG

    会場風景。

    風変わりな独特の作風。
    ドット画の部分と、
    パステル調のフリーハンドの色、線、
    それら異質の要素の組み合わせで成り立っています。

    ドットが図像としての説明部分、
    フリーハンドが感情、感覚表現を担っているようです。
    補足関係というより、
    異質なものどうしの混在による相乗効果によって、
    単なる事物の再現を超えて、
    「思い」や「感じ」が伝わってくる。
    そんな印象でした。

    P1390405.JPG

    P1390406.JPG

    パンチ

    P1390408.JPG

    P1390409.JPG

    キャンディ

    P1390411.JPG

    P1390412.JPG

    P1390413.JPG

    たまご

    P1390415.JPG

    P1390416.JPG

    おもちゃ

    P1390418.JPG

    P1390419.JPG

    おもちゃ

    P1390421.JPG

    P1390422.JPG

    ワンピース


    写真:筆者撮影

    Scan0052.jpg

    Scan0053.jpg

    20180724 鑑賞
    | 印象記 | 04:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3352