CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3333 OギャラリーUP・S(中央区銀座1-4):花澤美希展 | main | 3335 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):緑川佳功・渡辺克己2人展 >>
3334 コバヤシ画廊(中央区銀座3-8):滝本優美展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞


    P1390424.JPG

    画廊からの発言「新世代への視点2018」

    コバヤシ画廊(中央区銀座3-8)では、滝本優美展。

    「新世代への視点2018」は、
    東京現代美術画廊会議主催で、
    1993年より続く、
    銀座・京橋を中心とした11画廊が推薦する
    新鋭作家の個展を各会場で同時開催する企画です。

    P1390425.JPG

    P1390426.JPG

    P1390427.JPG

    会場風景。

    ペインティングナイフで、絵具を厚く塗り重ねています。
    境のエッジが鋭く、色や形は明確です。
    明確な形なのに、
    それが何なのかは不明です。
    何か具体的なモチーフのディフォルメなのか、
    そもそも何ものでもないのか、
    それすら不明です。

    とはいえ、唯一の現実である、
    筆者の目の前の色面は、
    意外なほどの心地良さを与えてくれます。
    それは目的ではなく、
    たまたまの結果の様です。

    意図的な奥行きのない平面的な画面ですが、
    空間が感じられます。
    そこで事物が置かれ、変化し、関係し、
    ある安定に達しています。
    それを起こした生気は、
    この場面にいたはずの誰かを予感させる。
    そんな印象でした。


    P1390428.JPG

    P1390429.JPG

    P1390430.JPG

    作品と部分詳細。

    P1390431.JPG

    P1390432.JPG

    作品と部分詳細。

    P1390434.JPG

    P1390435.JPG

    P1390436.JPG

    P1390437.JPG

    作品と部分詳細。


    写真:筆者撮影

    Scan0001.jpg

    Scan0002.jpg

    Scan0003.jpg

    Scan0056.jpg

    Scan0054.jpg

    Scan0055.jpg

    20180724 鑑賞
    | 印象記 | 05:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3353