CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    紋谷幹男 (11/18)
  • 3481 巷房1(中央区銀座1-9):近藤あき子展
    近藤あき子 (11/18)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3336 Gallery-58(中央区銀座4-4):渋川 駿 展 | main | 3338 NICHE GALLERY(中央区銀座3-3):八木なぎさ 版画展 >>
3337 StepsGallery(中央区銀座4-4):古川 巧展
4

JUGEMテーマ:美術鑑賞



P1390478.JPG

StepsGallery(中央区銀座4-4)では、古川 巧展。

P1390488.JPG

P1390489.JPG

会場風景。

小さな四角い画面で密度濃く
何事かが起こっています。

人の内面は無数のレイヤーが重なっているのなら、
これらの作品は、
一つ一つのレイヤーをはぎ取って、
視覚化を試みた結果の様です。

箱庭のような閉鎖空間に、

作家の個人的な記憶や感情の
ある層だけが現れるならば、
この展示空間は内面の見取り図だな。
そんな印象でした。


「昭和エレジー」シリーズ

P1390490.JPG

P1390491.JPG

P1390492.JPG

P1390493.JPG


「転生輪廻」シリーズ

P1390494.JPG

P1390495.JPG

P1390496.JPG

P1390498.JPG


「ムンバイの喧騒」シリーズ

P1390499.JPG

P1390500.JPG

P1390502.JPG

P1390501.JPG

P1390503.JPG

P1390504.JPG



P1390505.JPG

P1390506.JPG

P1390507.JPG

写真:筆者撮影

Scan0062.jpg

Scan0063.jpg

20180724 鑑賞

| 印象記 | 07:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









http://monyaart.jugem.jp/trackback/3356