CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    紋谷幹男 (03/11)
  • 3058 巷房2(中央区銀座1-9):中川 るな 展
    shizuokanishino (03/11)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    紋谷幹男 (02/02)
  • 3014 ギャラリー・オカベ(中央区銀座4-4):岡村光哲 彫刻展
    岡村 光哲 (02/01)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3337 StepsGallery(中央区銀座4-4):古川 巧展 | main | 3339 Hikarie8/ ART GALLERY/ Tomio Koyama Gallery(渋谷区渋谷2-21渋谷ヒカリエ8F):三宅信太郎展 >>
3338 NICHE GALLERY(中央区銀座3-3):八木なぎさ 版画展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1390509.JPG

    NICHE GALLERY(中央区銀座3-3)では、
    八木なぎさ 版画展。

    画面の多くを占める四角い区画の中は、
    具体的な事象の見当たらない、
    複雑な成り立ちの白〜黒の諧調です。
    しばらく眺めているうちに、
    ふと、四角い区画は箱状になっていて、
    画面の下部にそれを支える細く白い柱に気付いたとき、
    イメージが揺れる程の軽い衝撃を受けます。

    「これは箱庭なのだ」
    心象風景を、感性を頼りにそのまま描き出すのではなく、
    一旦、心象風景を想定した後、
    それを模擬的に再現させるという試み。
    何処が違うのだ、というツッコミを筆者自身に向けるなら、
    内なる世界との距離感というか、見え方の操作、
    といった感じでしょうか。

    見る者たちに、
    安易にストーリーを連想させない程度の距離をとりつつ、
    染め上げたような色調だけで、
    これは心象風景そのものではなく、
    心象を風景化した箱庭であると語っているようです。
    それが絵画という行為の凄み。
    そんな印象でした。


    P1390510.JPG

    P1390511.JPG

    P1390512.JPG

    規則

    P1390514.JPG

    P1390515.JPG

    P1390516.JPG

    植物の起源

    P1390522.JPG

    P1390523.JPG



    P1390525.JPG

    P1390526.JPG

    P1390527.JPG

    くぼみ

    P1390529.JPG

    P1390530.JPG

    P1390531.JPG

    P1390532.JPG


    写真:筆者撮影


    Scan0064.jpg

    Scan0065.jpg

    20180724 鑑賞

     
    | 印象記 | 05:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3357