CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
RECOMMEND
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    紋谷幹男 (11/12)
  • 3465 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):ファン・サング展
    ファンサング (11/10)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    幹男紋谷 (10/29)
  • 3442 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):内平俊浩展
    内平俊浩 (10/29)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    紋谷幹男 (10/04)
  • 3393 GalleryK(中央区京橋3-9):菅野泰史 個展
    菅野泰史 (10/04)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    紋谷幹男 (09/17)
  • 3358 あかね画廊(中央区銀座4-3):塩原俊郎・宮地広 二人展
    宮地広 (09/17)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
  • 3080 銀座K's Gallery(中央区銀座1-13):堂免修展
    堂免修 (03/14)
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
 
紋谷幹男が画廊巡りの印象を綴っていきます。
<< 3341 ギャラリーなつか(中央区京橋3-4):岡端美香展 | main | 3343 ギャラリー椿 GT2(中央区京橋3-3):天明里奈展 >>
3342 ギャラリー椿(中央区京橋3-3):内藤亜澄展
0

    JUGEMテーマ:美術鑑賞



    P1400930.JPG

    ギャラリー椿(中央区京橋3-3)では、内藤亜澄展。

    P1400932.JPG

    会場風景。

    様々な図像が集められ、
    組み合わされていますが、
    「ある寓意を忍ばせましたので、
    読み解いて下さい。」
    といった、メッセージは不思議と感じられず、
    ※筆者だけなのかもしれませんが。
    観られる事に関して無防備な感じで、
    気に入ったものを描き並べたように思われます。

    さらに、「丁寧に描いた」絵の上から、
    筆を乱暴に動かしたり、
    絵具を垂らしたりと、
    あたかも汚すかの行為が衝撃的です。

    それは、電波障害によって画像が乱れるような、
    意図されない不可抗力的な事態のようです。

    これらの作品が、
    作家の内面の出来事の絵画化ならば、
    確かに、内面の風景は安定した「静止画」ではないのでしょう。
    それでも、ここまでならなんとか絵画にできるという、
    臨界点。
    そんな印象でした。

    P1400933.JPG

    P1400934.JPG

    P1400935.JPG

    P1400936.JPG

    P1400937.JPG

    美について

    P1400939.JPG

    P1400940.JPG

    P1400941.JPG

    Surfer

    P1400944.JPG

    P1400946.JPG

    P1400945.JPG

    Model

    P1400948.JPG

    P1400949.JPG

    P1400950.JPG

    P1400951.JPG

    KING


    写真:筆者撮影

    Scan0005.jpg

    Scan0006.jpg

    20180828 鑑賞
    | 印象記 | 05:17 | comments(0) | trackbacks(0) | - | 昨年の記事









    http://monyaart.jugem.jp/trackback/3361